銀座コーチングスクール 群馬校|コーチングとは

リーズナブルな受講科目でコーチングの認定資格を短期間で取得。
銀座コーチングスクール群馬クラス2.png GCS群馬クラスロゴ.png

mail.png

coach.png

coach4.png

銀座コーチングスクールでは、コーチングを次のように定義しています。

「パフォーマンス向上のために、対話によって対象者を勇気づけ、“気づき”を引き出し、
“自発的行動”を促すコミュニケーション・スキル」

相手のパフォーマンス(成果、業績)を上げるために、コーチは対話により相手から気づきを引き出し、その持てる能力を最大限に発揮して行動を起こすことができるようにサポートします。

コーチングを受ける側に軸足を置いて言い換えると、

「本人が“ヤリタイ”ことをやり“ナリタイ”自分になるための“行動”を促す
コミュニケーションの技術」
と表現することもできます。

“ヤリタイ”ことをやり、“ナリタイ”自分になるためには、まずは本人がそれらに気づき、実現するための行動を起こすことが不可欠です。コーチは、それをサポートしてくれる存在です。

コーチングでは、クライアント(コーチングの依頼者)の中にある“ヤリタイ”こと・“ナリタイ”自分を最大限に尊重すると共に、それを明確化・具体化していきます。
クライアントは、自分の中の“ヤリタイ”こと・“ナリタイ”自分をコーチの巧みな質問により引き出してもらいます。
そして、押し付けられるのではなく、クライアント自身がそれらに“気づき”、確認していくことで自ら設定した目標の達成へ向けてのモチベーションを高め、自分から“行動”し始めます。
コーチの働きは、クライアントがより高い目標を、より早く達成するのを後押しします。

コーチングを修得した“イメージ”を描く

銀座コーチングスクールでは、具体的スキルを学ぶのに先立ち、コーチングを修得した状態について、出来る限り“イメージ”を描いてもらうことをします。すなわち、コーチングを学ぶにあたっての“ゴール”です。ゴールが明確であれば、そこへ至る手段・方法は、教えてもらうだけでなく、自分自身で考えていくことも可能になります。コーチングでは、「クライアントの中に答えがある」というスタンスを貫きます。それは、コーチングのクラスでも同じことです。コーチングの目指すところ(ゴール)を把握すれば、クラスでの実践演習を通じ、自分の腑に落ちるやり方を、自ら見出していくことができるのです。

Plain_ble_Right.gif 銀座コーチングスクール(GCS)代表・森英樹が自ら、当スクールのクラスの特長をお話しします。

原則として、コーチングは、一対一の対話(対面、電話等)により行ないます。

コーチングを受け、自ら行動を起こし、成果を上げたいと考えている人「クライアント」と呼びます。
コーチとクライアントとの一連の対話を「セッション」と呼びます。
(プロコーチとのコーチング契約では、1回あたり30~60分程度のセッションを数ヶ月間にわたり継続的に行なうのが一般的です。)

コーチは、クライアントが話をすることを促し、クライアント自身が持っている答えを引き出します。
コーチクライアント答えを教えることはしません。
コーチングでは、クライアントの持っている可能性を信じすべての答えはクライアント自身が持っているという考え方(コーチングマインド)に立ちます。

無料体験講座.png


無料体験講座日程


【2月】
2/12(日)10:00-11:30

2/15(水)19:00-20:30

2/25(土)10:00-11:30

【3月】
3/5(日)10:00-11:30

3/12(日)10:00-11:30

3/16(木)19:00-20:30

3/25(土)10:00-11:30


詳しくはこちら

seminar_banner01.jpg

menubg.png

facebookbn.png

feelgoodbn.png

gunmadreambn.png